« 鉄塔武蔵野線 | トップページ | デビルマン »

2006年8月28日 (月)

セックス・チェック 第二の性

[1968年・監督/増村保造■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★]

セックス・チェック 第二の性 これは困った。
独自にジャンルを作って分類をしているのだが、この作品、分類のしようが無いのだ。
いちおう題材はスプリント競技だが、これを「スポーツもの」と分類するのはかなり憚られる。
かと云って、青春ものか、といえばそれも実は違う。仕方ないのでそうしたが。

原則として、このレビューサイトでは極力ストーリーやネタばれなどは避けるのが基本で、映画のあらすじを延べるのはここの本分とは違うので、それが気になる方は他のサイトなどで参照していただきたいのだが、もし本作のストーリーをまだ知らないで観ようと考えているのなら、あらすじなどはまったくインプットしないで観るべきだ。

このお話は、破綻している。

とにかく、映画の中の登場人物たちは彼ら独自の、世間とは相容れない価値観を軸に行動している。

加えて増村監督独特の濃くパワフルな演出でグイグイと嫌が応にでも説得力をもってストーリーを引っ張っていく。だが、一歩下がって考えてみよう。

ここで語られることは、ぜったいに正しくない。いや、少なくとも私はそう思う。

形式としては'スポ根もの'のようにドラマは進んでいくのだが、主人公たちは何かの熱に浮かされているかのように目的に向かって猛進する。そのためには手段は選ばない。それどころか、いつしかその目的さえも置き去りにされ、手段を邁進させることそのものが総てへと変貌していく。

…何かが間違っている!!

ひょっとしたらこの作品はトンデモ映画の部類に入ってしまうのかもしれない。だが、作り手はあくまでもこの映画を本気でつくっている。その熱病のような真剣さが画面からビンビン伝わってくるのだ。なぜそこまで? というほどに。

考えてみれば「黒い試走車」にしろ「盲獣」にしろ、増村保造はどこかで一般常識が欠落しながらも自己の欲望や信念を剥き出しで貫いていく人物を描いてきた。
傑作ぞろいの同監督だが、本作はある意味で増村保造の大傑作であることは事実。

ただ、少なくとも、映画というもので伝えられるテーマや主張が、世間一般から見て必ずしも正しいわけではない、ということをこの映画は教えてくれるだろう。

セックス・チェック 第二の性
B000GG4C52
安田道代 増村保造
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 鉄塔武蔵野線 | トップページ | デビルマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139839/3229166

この記事へのトラックバック一覧です: セックス・チェック 第二の性:

« 鉄塔武蔵野線 | トップページ | デビルマン »