« 戦争と人間 | トップページ | 実録 私設銀座警察 »

2006年8月18日 (金)

初恋

[2006年・監督/塙幸成■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★★]

初恋 (出演 宮崎あおい) 宮崎あおいは素晴しい。

本作の最大の魅力はそこに尽きる。
と同時に、塙幸成という監督の力量もこの作品の大きな見どころだと思う。

この塙監督という人物はボクは知らなかったが、非常に演出力のある、また作品をまとめる力のに長けた監督だと思う。この一作でも評価に値する。
次回作を期待できる作家だろう。

ただ、ボクが本作で気になってしまうのは、そのセリフ回し、だ。

あおいちゃん扮する主人公「みすず」の独白で用いられるそれは、妙に自己陶酔めいていて、個人的にはどうしても嫌悪感を抱かざるを得なかった。もちろん、そういった言い回しが堪らなく好きなヒトだっているだろうし、そういう御仁にとっては充分な陶酔感に浸れる映画ではある、と思うんだけど。

ただ、その点を除けば充分及第点な映画。

もうちょっと三億円を強奪する計画を立てた「何故」という理由や、「みすず」達ふたりの、互いへの心情の変化の(「好きになる」という)過程を丹念に、詳細に描写してくれれば、もっともっといい作品になったろうに、と思う。
少しだけ残念な作品。

|

« 戦争と人間 | トップページ | 実録 私設銀座警察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139839/3102165

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋:

» 宮崎あおいの「初恋」について語ろう。 [浦嶋嶺至のAREA41(『浦嶋礼仁』より改名)]
このブログでもスキンのテーマにしてるし、既に日記でも観賞済み、と知らせているのに何も書かないのもどうかと思うんで、そろそろアップしておこうかな、と。 ま、詳しいレビューはまた別館で記すことになるけれど、とりあえずここでは感想を述べておこうかと思う。 ....... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 01時04分

« 戦争と人間 | トップページ | 実録 私設銀座警察 »