« 宇宙貨物船レムナント6 | トップページ | バンジージャンプする »

2006年9月26日 (火)

8マン すべての寂しい夜のために

[1992年・監督/堀内安博■おすすめ度なし 観ておくべき度★ 思い入れ度なし]

これが伝説の実写版8マンの勇姿だ!! 色違いの頬は父・宍戸錠へのリスペクトか!?もはや最低映画として「観ておくべき」一本。評価の★はそのため。

東京ドームでの"ワールド・プレミア"の壇上にて出演の宍戸錠がこう言った。

「これまで何百本と映画に出てきたが、こんなゲンバは初めてだった」

これをあえてお披露目の席で口に出さざるを得ないほど、エースのジョーの心中には含む一物があったのだろう。宍戸開との初の父子共演なのに、である。

監督・堀内靖博、脚本・宮崎満教、鈴木淳子。脚本の宮崎は企画と製作総指揮も担当している。
ところが、この3人、検索にかけてもこの「8マン」以外ではこれ以前も以後も映画制作にまったく携わっていない。本作から15年近くを経るのに、である。

つまり、この映画は映画の素人の集団がつくったシロモノだったのだ。

<追記:その後ロマポ太郎さんにより、監督の経歴をご指摘いただきました。こちらのサイトに関わった映画リストがあります。以上訂正させていただきます。>

もともとこれを製作したリム出版という会社は、社長だかオーナーが大の8マン好きで、コミック版8マンの復刻再販にも力を入れていた。原作者の不幸な逮捕により当時発行できなくなっていた最終話を世に初めてリリースし、ようやく完結させたという大功労は高く評価していいと思う。
が、それに乗じて製作したこの映画は、いったい何のためにつくったのか分からないほどお粗末なものになってしまった。

まず何よりも、当の8マンの造型がヒドい。ヒドすぎる。画像を見つけたから貼っておくが(情報提供:キッド氏)これが動いている映像はもっと悲しいくらい貧相だ。いったいこの造型にOKを出したのは誰だ!? と思いたくなる。
そもそも原作を見ても分かるとおり、8マンには表情がある。つまり生身の人間の顔のイメージが一般的にはある筈である。なのに、本作ではウルトラマンのようなフルフェイスのマスクにされた。そのために頭身が大きく、不恰好になってしまっている。オマケに出来そのものも表面のモコモコが目立っていてチープ。あの当時の造型技術なら、ハーフマスクでも充分カッコいいモノができたはずだ。

特撮も…8マンと云えばアニメでも知られたあの「走り」だが、どうにも滑稽に見えてしようが無い。オプチカル処理をして残像がある、という表現は、ボク個人としては「まァ、いっかな」とも思うのだけれど。

いろいろと多々問題のある本作だが、この作品の語り継がれる理由は、そのたった一度の「東京ドームでの上映」にあった。

たしか、入場料は6000~6500円くらいでチケットを売っていたと思うのだが、ボクはタダで行った。べつにボクが出版関係者だったからとかでは全然ない。
イベントの一週間くらい前から、都内の書店などでこのイベントのタダ券が置かれ、配布されるようになったのだ。ボクはたしか池袋の西武あたりの本屋でこのタダ券をゲットした。山のように置いてあったのを覚えている。

いったい本当に6000円もの大金を払って行った者なぞいたのだろうか? と訝しんでしまうが、これが実際いたことも確かだから始末に負えない。その人達はもの凄く不幸な星の下に生まれたのだと思って諦めるほかない。
ここからも分かるとおり、チケットは思いっきり売れなかったのだろう。
だが、その結果ちゃんと金を払った客はスタンド席なのに、たまたま招待タダ券を入手したものがアリーナ席に座る…という捩れ状態も生み出してしまった。このあたりからもこの企画のコケ加減が推し量れようというものだ。

その上、イベントそのものも計画図と比べあまりにも貧相な出来だった。大仰なセットや大花火、レーザーカクテルでの演出…となっていたハズが、フタを開けてみればぽつねんと大スクリーンが鎮座してるだけ。花火も数発上げられただけで終わってしまった。
冒頭の宍戸錠のボヤきも当然だと納得できるイベントだった。

まさに「社運を賭けて」の映画「8マン」だったが、これが大コケしてリムは倒産、本当に社運が尽きてしまった。

当時、友人の西崎まりのがこのリム出版で小説の挿絵の仕事をしていたため多少はリアルタイムでいろんな情報はボクの耳に入ってきていたため、8マン→倒産への一部始終は観察するように見させてもらった。この業界でボクも既に20年近く飯を喰っているが、このリム出版ほど見事なツブれ方はなかった。もはや天晴れ、である。

こうしてリム出版は8マンと共に沈んだ。もともとが8マンのために興した会社だったので、オーナーとしては本望だったろう。多くの関係者に迷惑をかけたという事実に目を瞑れば、それはそれで一本筋が通っていた

ただ、ボクとして残念だったのは、当時映画との連動企画として製作された「右曲がりのダンディー」の末松正博氏描く新作コミック「エイトマン」が、この騒動のお蔭で結局未完のままになってしまったということ。この漫画はハイコントラストを基調に、スタイリッシュなフィルム・ノワール調の絵づくりでかなりカッコいい作品に仕上がっていたのだが…

結局、原本の「8マン」は完結させたが、変わりに新しい「エイトマン」を未完にさせてしまった、というのは、リム出版も罪つくりではある…

[関連リンク]

エイトマン 末松正博版
…名作っ!!
平井 和正 桑田 二郎 末松 正博
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 宇宙貨物船レムナント6 | トップページ | バンジージャンプする »

コメント

はじめまして、浦嶋嶺至様。
そうですねえ。
この作品を見た時、
涙を流して憤怒したことを覚えております。
原作者(平井和正)が怪しい方向に
走り去って以後の作品だっただけに
覚悟はしていましたが、
「こりはしどいしどすぎる」と心の中の少年が
絶叫しましたから。http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c63718917
とか、
http://www10.plala.or.jp/BAMBOOH/HELL/8MAN1.jpg
とか、http://2.suk2.tok2.com/user/monpa/?y=2005&m=06&d=11&all=0
ですかね。

投稿: キッド | 2006年9月26日 (火) 19時03分

キッドさま
おお!情報ありがとうございます!
いま改めてみてもカッコ悪すぎですねー、8マン。
もはや存在自体が罪です。「生まれて済みません」です。

さっそくトリミングしてアップしておきます。

投稿: 浦嶋嶺至 | 2006年9月27日 (水) 17時36分

こんにちは。偶然来ました。
今更ですが、堀内さんは素人ではありません。
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0352930.htm
念のため。

投稿: ロマポ太郎 | 2009年5月 1日 (金) 11時04分

>ロマポ太郎さま
ご指摘ありがとうございます。チェック不足だったことをお詫びと共に訂正させていただきます。

投稿: 浦嶋嶺至 | 2009年5月 1日 (金) 23時37分

浦嶋嶺至様、わざわざお返事ありがとうございました。堀内さんもそれ程力量のある監督さんだとは思いませんが、『8マン』に関しては明らかに守備範囲外だったと思います。責められるべきはプロデューサーでしょうね。

投稿: ロマポ太郎 | 2009年5月12日 (火) 16時20分

克美茂から流れ着いて、通りかかりました
監督もさることながら、
撮影技術スタッフに偶然父がいたんで書き込ませて頂きました。
当時高校生だった僕も、あの時ドームにいました。
公開までのクランクイン当時はそれはもうバブル期だったんで、テレカだグッズだ色々展開してたものを貰えたりしてました。
倒産後のギャラ請求等その後はもう散々でしたが、CMばかりやってた親父も久々の長尺モノに楽しそうに取りかかってたのを思い出せる事が出来ました。

結局は悲しい顛末を迎えましたし、
映画の素人だったかもしれません。
それでも、現場で頑張った父はやっぱり「凄い!」と思いたいものです。

投稿: 天下のライトマンの系譜 | 2009年11月 6日 (金) 20時57分

初めまして。
世界観の雰囲気自体は悪くなかったと思うんですが、たしかに映画全体としてはつまらなかったし、8マンの格好わるさやラストの対決の緊張感のなさはひどいと思います…
 デザイン画の時点ではめっちゃかっこ良かったし、ある意味フルフェィスのマスクも悪くないと
思うんですが、なぜか、宍戸さんじゃなくてスーツアクターの方の顔を型取りしてるんですよね…
 たぶん、現場もウキー!ってなってたんじゃないでしょうか…

投稿: gadget9007 | 2012年10月27日 (土) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139839/3590476

この記事へのトラックバック一覧です: 8マン すべての寂しい夜のために:

« 宇宙貨物船レムナント6 | トップページ | バンジージャンプする »