« バンジージャンプする | トップページ | フィッツカラルド »

2006年9月28日 (木)

ドラゴンヘッド

[2003年・監督/飯田譲治■おすすめ度なし 観ておくべき度なし 思い入れ度なし]

ウォーターボーイズ主役対決!!「NIGHT HEAD」の、というよりも「バトルヒーター」の、あの飯田譲治が監督ということで当初からかなり不安があった。
まぁ、「NIGHT HEAD」にせよ同じくTVからの連動の「アナザへヴン」にせよ、導入はハデに思わせぶりな大風呂敷を広げても結局広げた謎やらナンやらはまとめられないまま終わってしまうのが飯田譲治という人のつくるモノの特性みたいなモンだから、きっとこの「ドラゴンヘッド」も…とか思って期待はしていなかったのだが。

果たして、あまりにも思ったとおりな状況だったのでかえって驚いてしまった。

尻切れトンボじゃん。

…って原作があるだろ? これ。いったい原作はどこに追いやってしまったのかしらん??
ボクは原作を読んではいないが、たぶんこんな薄っぺらな内容ではないのだろうナ、くらいは想像できる。

キャッチーなモノで客を釣るのはべつに否定はしない。だが、提示した謎には答えを与えねばそれは不親切というものだろう。作り手には答える責任がある。飯田監督はそこが決定的に欠けている。

映画監督は興行師では無い。

客さえ入ればいいってもんでもないのだ。
もしそれに徹し続けるのなら、ボクは以後もう飯田の作品は観ることを辞める。

演者についても、藤木直人は意外な面を見せてくれるものの、SAYAKAはただピーピー泣き叫ぶ一本調子のままで、せっかくのオンナのコも画面に出てる意味がない。観ながら、キャラにもうちょっと主体性を持たせろよ…とか考えてしまった。
この映画の中では、主役の誰一人としてラストショットまで成長が無い。殊にSAYAKAの役はヒドい。これでは演じた彼女も可哀相というものだ。

脚本をつくるときの基本は「登場人物の成長物語=ビルドゥングスロマン 【Bildungsroman(独)】」である。そんなモノはシナリオ学校の初歩で教わることだろう。ハリウッド映画がスゴいのは、どんな映画の中でもこの要素が巧みに織り込まれていることにある。

だから多くの観客の支持を得るのだ。

成長のない人間達を見せられて、いったい何の感動があるというのか。少なくとも、自分はそんなモノを知らない。あるのならボクにメールで教えてほしい。

通常、こういったタイプのストーリーにおいては主人公は「世界を救う」か「世界の謎を解く」役割を担うものだ。そうでなければ作品として意味が無い。だが、ここで妻夫木は何もせず、ただ翻弄されているだけである。何も能動性の無い主役のドラマなぞ観ていて退屈なだけだ。

唯一の見どころといえば冒頭の脱線した新幹線のシーンのみ。せっかく作った渋谷駅周辺を再現した巨大な廃墟のセットも、もの凄く撮り方が悪いためにまったく活かされていない。
(映画を観た人の中にはここで『え? シブヤなんて出てたっけ?』とか思った者もいたのではないだろうか。それほど活かされてない。)

ボクがこれを観たのは9月1日…ちょうど『防災の日』だった。
そのシチュエィションに「ああ、この映画って単なるそーゆうパブリシティなのかな?」とか勝手に妙に納得して家路についた。
これほどの大作で心に何にも湧いてこない映画もめずらしい。

しょーがないよネ、中身も無けりゃオチも無かったんだから。

ドラゴンヘッド
B000FHIVW2
望月峯太郎 飯田譲治 妻夫木聡
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« バンジージャンプする | トップページ | フィッツカラルド »

コメント

>>成長のない人間達を見せられて、いったい何の感動があるというのか。少なくとも、自分はそんなモノを知らない。

これは、レトリックの問題とは言え、言い過ぎではないでしょうか?

たかだか90分から数時間の上映時間で成長まで描ききる映画は割合としては多くないでしょう。
それどころか、成長物語になってなくても感動できる映画は探せばいくらでもあるのではないでしょうか?
「2001年宇宙の旅」(進化はあっても成長はない)とか「街の灯」とか。

投稿: カイジ | 2007年1月17日 (水) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139839/3608997

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンヘッド:

« バンジージャンプする | トップページ | フィッツカラルド »