2006年8月23日 (水)

日本沈没(1973)

[1973年・監督/森谷司郎■おすすめ度★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★]

日本沈没 リメイクされた2006年版とは違い、1973年の森谷版は原作小説にほぼ忠実に進行する。
地球物理学者・竹内均の監修の下再現される日本列島沈没の過程は説得力をもって描かれ、監修者の竹内本人が特別出演(!)し、首相・丹波哲郎の前で映像を交えプレートテクトニクス論を「こう、ずるっ、ずるっと…」と説明するシーンはこの映画の最も見応えのあるシーンだろう。

CGによる凄い映像を見慣れてしまった今ではかなり見劣りもしてしまうだろうが、本編の日本各地に起きる災害を表現した特撮は、当時の円谷プロの技術の粋をすべて注ぎ込んだ比類なき傑作映像だと思う。
たとえそれがミニチュアだと判っていても、それを作った職人芸を堪能しろ!! 「特撮」とはそういう風に味わうものなのだ。

東京が大地震で壊滅していくさまなど、阪神大震災を経てきた現在のほうがより真に迫って観る側に訴えかけてくるだろう。

だが…悲しいかな、当時の日本では「スペクタクル大作」を作るには、映画会社に力が無さすぎた。本来、都市の壊滅を描くなら、その全景を捉えた俯瞰的構図が必須なはずなのだが、そういった映像は殆ど見られない。当時の技術でリアルに再現することは不可能だったのだろう。唯一、日本列島全体をミニチュアセットで再現しただけである。
(それでも全長十メートル程度の巨大セットは作っていたという覚えがあるが)
あとは殆ど路地裏のようなところを人々が右往左往する、というまるで戦争映画の定番空襲シーンのようなショットばかり。

たしかに小説のとおりに映像化するにはあの当時では20倍くらいの予算でも難しかっただろう。今のように自衛隊の協力なども得られぬ時代、使えるのは所謂『東宝自衛隊』しか無かったろうし。

更に、それを製作者側も承知していたのか、脚本も萎縮して矮小な展開を余儀なくされる。
殆どの展開が『D計画』の指令本部内、セリフのやりとりだけで進んでいってしまうのだ。やれ「名古屋が壊滅した」の、「××が沈んだ」の…と、現場を絵で見せずに済ましてしまう。これではまるで演劇の一幕舞台ものだ。その説明的台詞の表現の仕方、入れるタイミングも良くはない。

よくNHK大河ドラマで、何十畳の大広間で裃の武士たちが座して会議をしたまま回が終わってしまうようなことがあるかと思うが、本作はまさにその状態が続くのだ。

これではスペクタキュラー感は削がれてしまう。

あの頃の日本映画界の状況を考えれば、それでもがんばったほうなのかもしれない。だが、それに甘んじ過ぎる橋本忍の脚本はあまりに稚拙だ。とても「砂の器」という不朽の名作を書いた同一人物とは思えないほど。
もっとも、その橋本忍は監督も務め以降「幻の湖」という'迷作'も世に送り出すことになるが…

それでも、丹波首相の熱演はさすが名優、と唸らせる。島田正吾扮する政界の黒幕・渡老人から「このまま何もせんほうがいい」と云われ瞳を真赤に充血させ涙を溢れんばかりにするさまは、丹波哲郎の歴代名シーンベスト10に入れてもいいほど素晴しいとボクは思っている。
(他は「砂の器」の『繰り返し、繰り返し…』とか。観てないけど「ノストラダムスの大予言」の演説もすごいらしいので、ベスト10に入れることに決定。観てないけど。)
この丹波哲郎を観るだけでも充分価値はある。

「日本沈没」は、後に製作されたTVシリーズ版のほうが円谷プロもその誇りを賭けて作ったかのように特撮に迫力があり、凄い。内容もずっと濃厚で、映画版を遥かに凌ぐ作品となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

日本沈没(2006)

[2006年・監督/樋口真嗣■おすすめ度★★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★]

リメイクものは旧オリジナル作と比較される。それは宿命だ。
なるべくそういった視点は省いて作品の評価はしたい、とは思うのだが。

'73年版と比べると、特撮(と云うよりCG)技術は飛躍的に進歩し、33年前には消化不良ぎみで本当は見たかったスペクタキュラーなシーンは充分に堪能できる。このあたりは旧作を完全に凌いでいる。
旧作やオリジナル小説とは違うラストも、主人公の自己犠牲的ヒロイズムはウルトラマンやゲッターロボなどで育くまれた遺伝子を持った樋口監督ならば、それもまた是だと思う。

かつ、樋口監督のオリジナルへのリスペクト魂は様々にちりばめられたアイテムからも充分伝わってくる。まァボク個人としては、田所博士の「科学者にとっていちばん大切なことは…カンです!!」のセリフと、'男の船'ケルマディック号が出てこなかったのはちょっと残念ではあったけれど。
全体を比較しても、映画としての総合的な評価としては旧・森谷版よりも樋口版のほうが上だとボクは思う。
正直、自称『日本沈没』マニアなボクでも、旧映画版はイマイチと思っているのだが。このあたりは樋口真嗣の絵作りが並々ならぬ力量があることの証しだろう。

問題なのは、人間の機微が描けていないトコなのだ。

確かに絵づくりはすごい。だが、それに伴うべき人間の心理に厚みがない。その点では旧作のほうに軍配が上がる。たとえば草なぎ君と柴崎コウの関係は、本編中描かれているのは、もともとが助けて助けられただけ。以降2,3回会っただけであり、そこから物語上重要な「一緒に住もう」と草なぎ君が言うところまでの感情の積み重ね、その過程がまったく描かれていない。だからけっこう唐突感が否めない。また、二人が幾度も再会するが、どうして互いの居場所をそう容易に捜索が可能だったのかが(容易そうに見受けられるだけ、なのかもしれないが)説明不足だ。
(そこを観客の想像力に頼ってしまうのは作り手の怠慢、という意味で)

必要なのは、どういったエピソードがあって、そこでどのように感情が層を増し変化していくのかであって、その「感情の変化」をきちんと示さないとただエピソードを羅列しただけになってしまうのだ。
…まぁ、そこまでヒドいというわけでもないけれど。
エピソードとは、感情の階段を一歩一歩登らせる過程を見せる手段である。残念ながら樋口版「日本沈没」にはそれが出来ていない。悪いが、台詞も薄かった。

それがシナリオからだけの因なのかもわからないけれど、前作「ローレライ」も併せて観るにつけ、どうも樋口監督のほうにも問題があるじゃないだろうか…

人間ってさ、もっともっと複雑で、重層的なものなんだよね。

だから本作から得られる観客側の感情も、それは「どこかで以前に見た」ことのある風景に己れのメモリの蓄積が触発されただけのものになってしまい、この作品から受ける独立した感動というものは発露されてはこないのだ。

ただ、だからと云って旧作の脚本の出来がいいか、ということになるとそれは違う。
あっちはあっちで脚本の出来は最悪である、と断言はしておこう。(旧「日本沈没」も近日エントリ予定)

もっともっと、人間も深く描いて欲しかった。それがあれば満点な出来。

それと、これは旧作も同じなのだが「どんどん日本の陸地が沈んで減っていく」という俯瞰的イメージがどうしても伝わってこないのは何故だろう…
ディザスター映画のはずなのに、ディザスター感がいまいちなのも残念。

やはり「日本沈没」の最高傑作TVシリーズ版を置いて他には無し、と改めて実感。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月14日 (月)

人間の條件

[1959~1961年・監督/小林正樹■おすすめ度★★★★★ 観ておくべき度★★★★★ 思い入れ度★★★★★]
【第1部純愛篇・第2部激怒篇(1959年) 第3部望郷篇・第4部戦雲篇(1959年) 第5部死の脱出・第6部曠野の彷徨(1961年)※各2部ずつ封切り】

もし、日本の関わった大東亜戦争を体感できるものがあるとしたら、この映画を置いて他に無いだろう。

全上映時間、574分。(現行DVDによる。)およそ10時間にも及ぶこの6部作は、日本映画が最も力のあった時代が生んだ不滅の金字塔である。

物語は簡素だ。
『仲代演ずる主人公・梶(これほどの長尺の主人公なのに下の名が無い!!)が戦争の激化と共に満州・北方戦線に送られる。』
これだけである。いや、確かに細かいことを連ねるといろいろあるが、骨子はただこの一文に尽きる。

この映画が製作された当時、1959年といえば、まだ戦争が終わって15年も経ってはいなかった。製作者たちにも出征経験のある者も多かっただろう。だからこそ、舞台が戦地に変わってからの描写は迫真の一語である。

中でもボクが最もリアルさを感じたのが、戦線での最初の戦闘に遭遇するシーンだった。
よくあるような、勇ましく銃を放つ兵士なんてそこには一人もいない。塹壕に潜み、いつ撃たれるか、いつ爆撃されるか、という、すぐ隣りに死の暗渠が口を広げ待ち構えている極限の恐怖。戦場にいるのはヒーローなぞではなく、常に己れの意思とは無関係に放り込まれた市井の平凡な生身の人間なのだ。お国のためとか、そんな大儀名分なぞそこでは無意味だ。ただ、死にたくはないという実にシンプルな感情のみが全身を貫く。それを観客に突きつける。
戦闘シーンにおいて、これほど真に迫る映像を観させられたことは他に例がない。
このシーンを観るだけでもこの映画の価値は十二分にある。

おまけに、前線のトンでもなく広大なオープンセット。これほどの長尺をまったく飽きることなくグイグイと引っ張っていく説得力と緊張感。日本人として、必ず体験しておくべき映画だと思う。

そう、この映画を観る、ということそのものが『体験』なのだ。日本人なら、長い人生のうちの10時間は「人間の條件」に費やすべきなのだ。

かつてはオールナイトの定番で毎年どこかしらでは企画されていたこの「人間の條件」だったのだが、すべてを上映するにはあまりに長尺ゆえ、近年ではそれもめっきり減ってしまった。何せ休憩を含むと12時間にも及ぶ一大イベントである。自分も20代前半の頃、今は無き銀座松竹で観たが、たしか22時開始、終了が翌朝9時半だったと思う。これがオールナイトの初体験でもあった。

やはり年に一度くらいは一挙上映をしてほしい作品。それは、この作品を世に送り出した映画会社の義務でもある、と思う。
松竹さん、どうかお願い!

人間の條件DVD-BOX
B0000ABBUH
小林正樹 松山善三 稲垣公一
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

DVDで観賞するときも、一気に通しで観てこそ、この映画のほんとうの素晴しさが実感できる。ぜひともそうして欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)