2006年8月18日 (金)

初恋

[2006年・監督/塙幸成■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★★]

初恋 (出演 宮崎あおい) 宮崎あおいは素晴しい。

本作の最大の魅力はそこに尽きる。
と同時に、塙幸成という監督の力量もこの作品の大きな見どころだと思う。

この塙監督という人物はボクは知らなかったが、非常に演出力のある、また作品をまとめる力のに長けた監督だと思う。この一作でも評価に値する。
次回作を期待できる作家だろう。

ただ、ボクが本作で気になってしまうのは、そのセリフ回し、だ。

あおいちゃん扮する主人公「みすず」の独白で用いられるそれは、妙に自己陶酔めいていて、個人的にはどうしても嫌悪感を抱かざるを得なかった。もちろん、そういった言い回しが堪らなく好きなヒトだっているだろうし、そういう御仁にとっては充分な陶酔感に浸れる映画ではある、と思うんだけど。

ただ、その点を除けば充分及第点な映画。

もうちょっと三億円を強奪する計画を立てた「何故」という理由や、「みすず」達ふたりの、互いへの心情の変化の(「好きになる」という)過程を丹念に、詳細に描写してくれれば、もっともっといい作品になったろうに、と思う。
少しだけ残念な作品。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 7日 (月)

復讐するは我にあり

[1979年・監督/今村昌平■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★★★ 思い入れ度★★★]

復讐するは我にあり デジタルリマスター版 今村昌平監督といえばカンヌを獲った「楢山節考」や「うなぎ」となるのだろうが、昔から同監督の作品を観ていたものにとってはそれよりもこの「復讐するは我にあり」を推す人も多い。

ということでずっと観たかったのだが、何故か機会を逃しつづけとうとう四半世紀、25年を経てようやく池袋新文芸坐にて観賞を実現した。
噂に違わず本作は今村監督の最もエネルギッシュな頃の一本。「楢山節考」よりもこちらのほうが『すげー作品』だった。

もちろん本作は実際の連続殺人事件を題材にしているのだけれど、本来なら(おそらく松本清張あたりなら)説明するであろう「殺人の動機」やそこに至った「理由」は語っていない。それはあたかも深作欣二が「仁義の墓場」で主人公の心理を一切理解しようとせず拒絶した、というのとは異質のもので、今村監督は殺人という主人公の行為を、食や排泄といった生や、性行為、死などとほぼ同質に描いてるんじゃあないだろうか。今村監督らしくすべてはエネルギッシュに描くけれど、どこかで冷静に見つめているように感じる。

主人公・榎津巌はキリシタンだが、神さえも存在しない。すべてが並列な世界では、超越者は不要だからだ。だから神にすがることもなく主人公は死を受け容れる。行為には報いをもって償わねばならないから。そのあとは、ただ「無」に帰すだけなのだ。

ところで作品中、池袋の映画館に入るシーンがあるのだけれど、どっかで見覚えがあると思ったらナンとそこは昔の文芸坐!
かつて中学・高校・大学時代に足繁く通った、ぷぅんとトイレの芳香剤の匂い漂うあの小屋ではないですか。
撮影された79年頃というと、たしか入場料4~500円くらいだっただろうか。最初に通い始めた頃は300円、それで二本観れたのだからいい映画館、いい時代でした。
それを建てかえられた新文芸坐で観る、というのも何やら感慨深いもの。偶然の成り行きとは云え、思わぬ想い出に浸ってしまった。

今村作品にはあまり評価も良くなかった「ええじゃないか」などもあるが、今改めて観るときっともっと違った印象を持つのだろうか。

復讐するは我にあり デジタルリマスター版
B0001FAFA4
馬場当 今村昌平 緒方拳
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (1)