2007年2月25日 (日)

幽閉者<テロリスト>

[2007年・監督/足立正生■おすすめ度★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★★]

日本赤軍と行動を共にした足立正生が「おつとめ」を終えた後、最初に撮った作品。
じっさいたいへんな経験を積んできたこの監督が、いったいどんな物を作るのか、という興味があったのだが、果たして期待どおりであった。

これは、とんでもない低予算で作られた、足立正生の自主映画だ。

足立監督にとって映画とは、観客を楽しませるエンタテインメントなぞではなく、自らの思想を語る手段に過ぎないのだろう。そういう映画表現もあっても別にいい、と思う。
彼は『映画を撮ること』こそが革命を目指す運動なのだろう。

稚拙な浅い考えの文だとはわかっているけれど、あくまでも個人的な見解をあえて書くが、正直な話、『今更世界同時革命??』という感は否めない。
世界---いや、少なくともこの日本という國では、革命などという言語は滅びてしまった。
一億総中流化のとおり、生活にたいして不満を持たなければ現体制に反発もする必要は無いからだ。
日本政府は戦後60年をかけ、そうやって従順な國民を飼育してきた。
それを、今更『悪いこと』とは言い切れない。それを甘んじて享受している自分のような市民にとっては、そんな立場なのではないだろうか。
『特に不満の無い暮らし』を与えてくれるものこそが『正しい政府』なのだ。

ここで描かれている怒り・思想は、いまだに70年どころか、60年代さえも終えられていないだけなのではないだろうか。そして、主人公の抱える願望は、あくまでも青臭いナルシシズムに過ぎないのではないのか。
少なくとも、80年代を通過してきた目からは、この考えはシニカルに斜見してしまう。

オウムで再び突きつけられた疑問だが、『革命実現のためには、市民の犠牲はやむなし』とは、はたして正義なのか。それは、ただ己の狭い理想の世界を築くためだけであり、より多くの人々がそれを望んでいないとしても?
この映画は足立監督の心象風景を表わしたものだろうけど、たとえばきっかけになった事件の犠牲者に対しての感情が決定的に欠如している。あえて自覚的にそうなのかもしれないが、そこにいまだ革命思想にしがみつく監督のアイデンティティーが垣間見えないだろうか?

いかにその革命の思想が気高いものであっても、「笛吹けど誰も踊らず」なのだ。
実は足立監督は、それをもう悟っているのかもしれないけれど。

けれどそんな思想啓蒙映画も、主演の田口トモロヲのM男っぷりのほうがあまりにも強烈過ぎて、監督の伝えたかった思想なぞつい吹き飛んでしまう。
田口トモロヲは当代随一のマゾ俳優だと密かに思っているのだけれど、流石は「鉄男」以来ひたすら縛られ殴られハイヒールで踏みつけられ続けてきただけのことはある。僕は映画館で思わず『トモロヲさん、あんたヤり過ぎだよ』と心で呟いてしまった。
たぶん一般的にはNHK「プロジェクトX」でのナレーションの印象が強いのだろうけれど、実際のトモロヲさんって『ばちかぶり』というパンクバンドを率いていたりしたとってもアナーキーなお方。

テロリスト足立も、今回はパンキッシュなアナーキスト・田口トモロヲには一敗、土をつけられてしまった…これは、そんな一本かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ゆきゆきて、神軍

[1987年・監督/原一男■おすすめ度★★★★★ 観ておくべき度★★★★★ 思い入れ度★★★]

これは事実である!!

と、梶原一騎でなくとも断言できる、凄まじいとしか言いようの無い映画。

現代の日本にも思想犯がいた。それが奥崎謙三だ。

昭和天皇にパチンコを向け、天皇のアイコラポルノビラを撒いた男。人一人殺してもいるが、彼にとってはドストエフスキーの『罪と罰』の主人公、ラスコーリニコフのように「正しい行動」だった。だから反省はしていない。

奥崎はスクリーンの枠さえ飛び出さんかぎりに疾走する。その姿は強引に泥田に分け入っていくダンプカーのようだ。Wikipediaでの奥崎謙三の略歴を眺めただけでもクラクラするほどだ。明らかに、我々の一般常識とは相容れない人物。

そんなワン・アンド・オンリーな男を追った、原一男の大傑作ドキュメンタリー。

本編と共に監督の原一男が綴ったライナーノート(初公開時にはこれがパンフレットとして劇場内で販売していた)があるので、それを併読しながらの観賞を薦めたい。

尚、この映画について極めて詳細な内容を記したサイトを見つけたのでリンクさせていただきます。

[関連サイトリンク]

かなり映画の中身を細かく記述しているので、それをあまり好まない方はご注意を。もちろんオチも明記されてますので。
…って、ドキュメンタリーなんだから『オチ』ってのはないですね。

よく云われていることだが、奥崎はこの映画によってますます「奥崎謙三」としての自分を肥大化し、演じ続けるようになったようだ。
『観られる』『記録される』というのはそれほどに魅惑的なのだ。
奥崎は日本や社会というものを舞台に見立て、「奥崎謙三」という役を演じることに意義を見出した。その熱病にも似たものは映画の撮影が終わっても醒めることがなく、暴走を続けることになる。

ついに映画の枠そのものを飛び越え、奥崎こそが、「ブレーキの壊れたダンプカー」そのものになってしまったのだ。その瞬間から、本作は極めて稀有な『予告された殺人の記録』という役回りを担わされてしまうことにもなる。いや、実際の殺人そのものはしていないが。

我々がこの映画で突きつけられるのは、その、人が人以上のものになろうと豹変していく過程だったのかもしれない。

もの凄いパワー溢れる映画だと思う。もし、これが「映画」と読んでいいのなら。
この作品は「映画」というカテゴリーにはとうてい収まりきらぬほどパワフルな"何か"なのだ。

実を云うとボク自身も、この作品のレビューを書こうにもどうにも書けず、ここにアップするのに1ヶ月を費やしてしまった。「ゆきゆきて、進軍」の前では、完全に思考停止状態に陥らされてしまう。今だってまだまだ不充分とは感じているのだが、もはや言葉を紡いだところでこの圧倒的な迫力には及ぶべくもない。
これはボクの敗北宣言だ。

その証拠と言っていいか、これを観終わったあとものすごく疲れる。放心状態になり、しばらくは何も手につかない。その虚脱感は数日抜けないくらいだ。
まるでこのフィルムを媒介に、奥崎謙三が観客から精気を吸い取り自らのエネルギーにしているかのように感じるのはボクだけだろうか。

そんな奥崎も2005年鬼籍に入った。

この吸い取られた莫大なエネルギーはいったいどこへ行くのだろうか。
ふと、思う。

ゆきゆきて、神軍
ゆきゆきて、神軍

原一男 奥崎謙三
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

憂國

[1966年・監督三島由紀夫/■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★★★ 思い入れ度★★★★★]

憂國 文士劇、というのがある。文壇の小説家連中が仲間うちで披露をする、云ってしまえば素人劇のようなものだ。今もあるのかどうかは知らないが、故・遠藤周作はそれを発展させ素人演劇集団「樹座」を主宰していた。(蛇足だが、我が姉もそこに所属していた。)筒井康隆なぞはその域を超え玄人はだしの活躍をしている。

この「憂國」をひとことで語るなら、「三島由紀夫の文士劇」である。

原作について今更語るまでもないだろう。それを三島本人がメガホンをとり、まったく原作に忠実な映像化に成功している。寸分違わぬくらいに。その点については見事なほどである。低予算、ということもあるだろうが、三島監督はそれさえも逆手に、能舞台をベースにした極めてミニマムなセットの中でのみ物語を進行させる。「近代能楽集」などの著作があり歌舞伎の新作などを創作、その上自ら演じることまでもしていた、日本の古典芸能に造詣の深かった三島らしい作品だ、と思う。作り手の抱くイメージをほぼ完璧に形にしているという点では非常に優れた映画だろう。ただ一点を除いては。

主演の三島が下手なのだ。

ここでの三島はまったく素人演技の域を出ない。増村保造「からっ風野郎」でヘタながらも鮮烈な印象を与える三島だが、本作では単なる演技経験の浅い者が一所懸命に演じているに過ぎない。

素人演技を観客に金を払わせ観せる、という点で、本作は小説家が趣味にあかせてつくった「文士劇」そのものへと堕してしまう。

加えて、切腹に対しての三島の拘り、ナルシスティックとも云える陶酔はその行末をすでに決定づけていたのを確認させる。

すでにこの頃より、三島由紀夫は「自らの腹を切る」ことそのものに耐え難いほどの憧憬を抱いていたのだ。昭和45年11月25日の彼の行動は、日本中を、世界をも巻き込んだ彼のその願望の完遂に過ぎない。その意味では三島/盾の会の「決起」は成功だったのだろう。

生身の三島本人の監督・主演によって、それを実感させてくれるというだけでも極めて歴史的価値のある、戦後史を検証する上でも貴重な作品。

本作を、極めてアーティスティックな作品ととるか、単なるナルシスティックなプライベートフィルムと捉えるかは異論の分かれるところだろう。
だが、観るべき価値のある一作であることだけは確かだ。

正直、一生観ることは出来ないと思っていたが、奇跡的にネガが「発掘」され上映、ソフト化され今ではこうして容易に観賞することができるようになった。観ることが叶わなかった35年もの月日の重み、というものも考えつつ、本作を確認して欲しい。

[「憂國」についての関連記事]

憂國
B000E6ETR0
三島由紀夫 鶴岡淑子
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)