2006年8月28日 (月)

セックス・チェック 第二の性

[1968年・監督/増村保造■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★]

セックス・チェック 第二の性 これは困った。
独自にジャンルを作って分類をしているのだが、この作品、分類のしようが無いのだ。
いちおう題材はスプリント競技だが、これを「スポーツもの」と分類するのはかなり憚られる。
かと云って、青春ものか、といえばそれも実は違う。仕方ないのでそうしたが。

原則として、このレビューサイトでは極力ストーリーやネタばれなどは避けるのが基本で、映画のあらすじを延べるのはここの本分とは違うので、それが気になる方は他のサイトなどで参照していただきたいのだが、もし本作のストーリーをまだ知らないで観ようと考えているのなら、あらすじなどはまったくインプットしないで観るべきだ。

このお話は、破綻している。

とにかく、映画の中の登場人物たちは彼ら独自の、世間とは相容れない価値観を軸に行動している。

加えて増村監督独特の濃くパワフルな演出でグイグイと嫌が応にでも説得力をもってストーリーを引っ張っていく。だが、一歩下がって考えてみよう。

ここで語られることは、ぜったいに正しくない。いや、少なくとも私はそう思う。

形式としては'スポ根もの'のようにドラマは進んでいくのだが、主人公たちは何かの熱に浮かされているかのように目的に向かって猛進する。そのためには手段は選ばない。それどころか、いつしかその目的さえも置き去りにされ、手段を邁進させることそのものが総てへと変貌していく。

…何かが間違っている!!

ひょっとしたらこの作品はトンデモ映画の部類に入ってしまうのかもしれない。だが、作り手はあくまでもこの映画を本気でつくっている。その熱病のような真剣さが画面からビンビン伝わってくるのだ。なぜそこまで? というほどに。

考えてみれば「黒い試走車」にしろ「盲獣」にしろ、増村保造はどこかで一般常識が欠落しながらも自己の欲望や信念を剥き出しで貫いていく人物を描いてきた。
傑作ぞろいの同監督だが、本作はある意味で増村保造の大傑作であることは事実。

ただ、少なくとも、映画というもので伝えられるテーマや主張が、世間一般から見て必ずしも正しいわけではない、ということをこの映画は教えてくれるだろう。

セックス・チェック 第二の性
B000GG4C52
安田道代 増村保造
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

1999年の夏休み

[1988年・監督/金子修介■おすすめ度★★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★★★★★]

1999年の夏休み 個人的に、平成ガメラ三部作よりも本作が金子修介監督の最高傑作だと思っている。
それは、その作品が他に比類なき一本であるからだ。

萩尾望都「トーマの心臓」を翻案(原作としての許可は得られなかったので)したこの映画は、たった4人の登場人物だけで展開する、非常にミニマムな作品である。

しかも全員女性が少年を演じている。

そう、設定こそ「全寮制ギムナジウムに集う少年たち」だが、彼ら(彼女ら)は、どちらでもない、中性的な存在として画面の中に佇んでいる。中村由利子のピアノ曲と相まって、とても透明感のある美しい作品になっている。そんな意欲的な、けれどとても静かな映画。ずっとこの雰囲気に浸っていたくなるような心地のいい空気を感じる。愛(いと)おしき良品である。

じつはこの映画の企画時点、ボクの通っていた大学の保養所をロケに使用させて欲しいというオファーがあった。残念ながら大学側がそれを断ってしまったのだが、もし大学が受けていたら、ひょっとしたらこの舞台が違っていたのかもしれない。

で、なんでボクがそんなことを知っているかというと、当時ボクは在学中でサークルの連合部会の会長をしていて、学生課からその申し出についてちょっと相談を受けたからなのだ。助言としては、別に受けてもいいんじゃないか、みたいなコトを言ったとは思う。

でも、金子監督のそれまでの作品については「みんなあげちゃう」と「宇野鴻一郎の濡れて打つ」は挙げておいたけど。

結果、学生課は断ってしまったみたいだけど、そのときに製作者側から渡っていた資料を「いらないから持ってっていいよ」と譲ってもらった。
だからウチにはこの「1999年の夏休み」の準備稿シナリオがある。

決定稿とはずいぶん違って、犬が重要な役回りで出てきたりして興味深い。もちろんボクの秘蔵のお宝だ。

参考:[金子修介公式サイトの解説ページ]

1999年の夏休み
B00005LPF5
金子修介 宮島依里 大寶智子
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチ

[2005年・監督/犬童一心■おすすめ度★★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★★]

タッチ スタンダード・エディション この原作が実写映画化されるのを聞いたとき、心配だったのは達也と和也の双子を誰がやるのかでも南ちゃんが誰になるかでもなく「あの長い漫画をどこまで話にすんのかな」だった。
少年サンデーコミックス版で全26巻。だから、おそらく劇場アニメ第一作「背番号のないエース」をベースに作っていくんじゃないか。で、続編を作り2部作とか3部作にするんだろう。そう思っていた。

だが犬童監督はその予想を見事に裏切り、すべてをたった一本の映画に凝縮させてしまった。

考えれば主演の三人は若く、そんな続編なんか作っている間にどんどん彼らの、役と同世代の"旬"は失われてしまう。結果かなり駆け足の展開にはなったが、一本で完結させたのは正解だろう。

本作でやはり特筆すべきは長澤まさみだ。

おそらく、もともとが彼女のためのアイドル映画的要素が企画としては強かったとは思うが、この一本の映画は彼女の瑞々しい一瞬の飛翔の瞬間を永遠に切り取ることに成功している。長澤まさみというひとりの女優の人生と、映画との幸福な出逢いがこのフィルムには記録されているのだ。
そのひとつの季節の1ページを僕らは永遠のものとして見続けることが出来る。映画はスクリーンに影を映し観る行為だが、ここで長澤まさみの生は光となり輝く。本作は、この幸せを堪能するだけで充分満足だろう。

犬童演出はある意味職人に徹してウェルメイドで観ていて飽きさせない。

けれど「金髪の草原」や「ジョゼと虎と魚たち」にハマったボクなんかにとっては『もっともっとヤっちゃってくれよ、犬童監督!!』なんて贅沢な欲求不満をちょっと感じたりもするんだけど。
…いや、ナニを期待したいのかは、わかる人だけわかってください。上の2作でこの監督が池脇千鶴にナニをさせたのかを知ってれば納得するでしょ。

タッチ スペシャル・エディション
B000CQM5LE
あだち充 山室有紀子 犬童一心
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
タッチ スタンダード・エディション
B000CQM5LO
あだち充 山室有紀子 犬童一心
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

雲のむこう、約束の場所

[2005年・監督/新海誠■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★]

雲のむこう、約束の場所

勿論、新海氏の才能が驚くほどのポテンシャルを秘めていることには全く異論の余地は無い。が、世に衝撃をもって迎えられた前作『ほしのこえ』と比べると、随分とインパクトは小さいかな、と思う。
それは無論ワン・アイデア勝負の短編とストーリーを見せなければならない長編との差もあろうが、今作は彼が『ほしのこえ』でオタク達を'うるるん'とさせた彼独自の『良さ』が、長尺になったことで逆にマイナス要因になってしまっているのではないかなァ、と感じてしまった。

技術的なところで云えば、少々モノローグに頼り過ぎかな、と。やはりシナリオで考えたとき必要なことを語らせるのはダイアローグだと思う。それがモノローグ中心で1時間以上見させられるのは少し辛い。…正直、その演出方法が途中でだんだん鬱陶しくなってきたりも感じてくる。

あと、背景はもの凄くリキが入ってるのに、それと比べるとキャラクターのクオリティが少し目劣りしてしまうのは残念。折角これだけのものを作ったのに、この尺を見せるにはあのキャラでは飽きてしまうかなぁ。
まぁ若いせいもあるけれど多少ひとりよがり気味かも。もうちょっとオトナになって他人の意見を取り入れるようになれればもっともっといい作品が出来るのではないだろうか。

…でも、そんなこんなの苦言の数々を置いといても、常に次回作を期待させるクリエイターであることは間違いはないだろう。

様々な場所で語られているだろうが、新海誠が80~90年代の日本のアニメを踏襲した、正当な後継者であることは事実。悪い見方をすれば本作は「エヴァンゲリオン」フォロワーであり、それが「オネアミスの翼」と押井守作品のバリバリ影響下でそれらをシャッフルして作った作品、というだけのことになってしまうのだが…それを肯定も拒絶もされるだろうけど、わたしは支持する。一応ね。

雲のむこう、約束の場所
新海誠 吉岡秀隆 萩原聖人

雲のむこう、約束の場所
雲のむこう、約束の場所 オリジナル・サウンドトラック ほしのこえ AIR 1 初回限定版 AIR 2 初回限定版 「雲のむこう、約束の場所」complete book
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

ロボコン

[ 2003年・監督/古厩智之■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★★★★]

ロボコン 青春ものというと、たいがいの場合は恋人や死んだ友や双子の兄のために甲子園を目指したり、よくわからない格好のちょっと不良っぽい輩が渋谷あたりを闊歩して仲間のひとりがケンカで死んだりするものだけれど(それはちょっと色メガネすぎるか)、そのことについてかねがね個人的には疑問を持っていた。もっとフツウの、地味な学生たちの映画があったっていいじゃないか、と。

これはそんな地味なものたちの映画。

なにせ物語の舞台は高専。どちらかというとマイナーな世界。その中で更にロボットコンテスト、『ロボコン』出場にかける学生達のお話である。「ロボコン」じたい天下の公共放送・NHKが取り上げてはいる競技会だけど、一般的知名度はどうか…というと疑問だ。

長澤まさみ、塚本高史、小栗旬、伊藤淳史…と、今でこそ知名度のあるキャストが揃っているけれど、当時はそれほどでもなかったのも事実。

こんな、どこをどう取ってもヒットに繋がりそうにない映画を作ったことにまず敬意。

だが、そんなヒットからは少し距離を置いた作品(失礼!)だからこそ、スポ根でも何でもない、いかにも文化部系のだらだらとした仲良しクラブ的な世界を描くことも可能だったのではないだろうか。特に理系文化系クラブに籍を置いた経験のあるものなら非常に共感できる世界がこの作品では展開される。化学部、生物部、物理部、地学部、天文部…など、そういったトコに入部経験のある人にはちょっと機会があったら観てほしい。

そうでなくてもきっとこの映画を観たら「ああ、あんなコトもあったなァ」と思えるかも。そんな、どことなくセンチメンタルも想起させてくれる小品。それはたぶんどこかで脚本も兼ねた監督の学生時代の経験も反映されているのかもしれない。作り手がいかにその想い出を大切にし、温かみを持って収っているかを、ほんの少しだけ覗き見せてくれた…そんなかんじかもしれない。

ものを作る側として、ホントは自分もこんな作品を手がけてみたいなぁ。

けどそれを懐かしむ世代よりも、登場人物たちの同世代にぜひ観てほしい作品。

まだまだド新人だった、「セカチュー」に出る前の長澤まさみがいい。

今でこそ大女優への階段を着実に登りつつある彼女だが、本作でのグズグズとした仕草がたまらなくカワイイ。個人的には、この長澤まさみがイチバンだと思うのだが…

ともかく、彼女のファンなら一度は観ておくべき一本。

ロボコン
B000DZV736
古厩智之 長澤まさみ 小栗旬
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (1)