2006年9月26日 (火)

8マン すべての寂しい夜のために

[1992年・監督/堀内安博■おすすめ度なし 観ておくべき度★ 思い入れ度なし]

これが伝説の実写版8マンの勇姿だ!! 色違いの頬は父・宍戸錠へのリスペクトか!?もはや最低映画として「観ておくべき」一本。評価の★はそのため。

東京ドームでの"ワールド・プレミア"の壇上にて出演の宍戸錠がこう言った。

「これまで何百本と映画に出てきたが、こんなゲンバは初めてだった」

これをあえてお披露目の席で口に出さざるを得ないほど、エースのジョーの心中には含む一物があったのだろう。宍戸開との初の父子共演なのに、である。

監督・堀内靖博、脚本・宮崎満教、鈴木淳子。脚本の宮崎は企画と製作総指揮も担当している。
ところが、この3人、検索にかけてもこの「8マン」以外ではこれ以前も以後も映画制作にまったく携わっていない。本作から15年近くを経るのに、である。

つまり、この映画は映画の素人の集団がつくったシロモノだったのだ。

<追記:その後ロマポ太郎さんにより、監督の経歴をご指摘いただきました。こちらのサイトに関わった映画リストがあります。以上訂正させていただきます。>

もともとこれを製作したリム出版という会社は、社長だかオーナーが大の8マン好きで、コミック版8マンの復刻再販にも力を入れていた。原作者の不幸な逮捕により当時発行できなくなっていた最終話を世に初めてリリースし、ようやく完結させたという大功労は高く評価していいと思う。
が、それに乗じて製作したこの映画は、いったい何のためにつくったのか分からないほどお粗末なものになってしまった。

まず何よりも、当の8マンの造型がヒドい。ヒドすぎる。画像を見つけたから貼っておくが(情報提供:キッド氏)これが動いている映像はもっと悲しいくらい貧相だ。いったいこの造型にOKを出したのは誰だ!? と思いたくなる。
そもそも原作を見ても分かるとおり、8マンには表情がある。つまり生身の人間の顔のイメージが一般的にはある筈である。なのに、本作ではウルトラマンのようなフルフェイスのマスクにされた。そのために頭身が大きく、不恰好になってしまっている。オマケに出来そのものも表面のモコモコが目立っていてチープ。あの当時の造型技術なら、ハーフマスクでも充分カッコいいモノができたはずだ。

特撮も…8マンと云えばアニメでも知られたあの「走り」だが、どうにも滑稽に見えてしようが無い。オプチカル処理をして残像がある、という表現は、ボク個人としては「まァ、いっかな」とも思うのだけれど。

いろいろと多々問題のある本作だが、この作品の語り継がれる理由は、そのたった一度の「東京ドームでの上映」にあった。

たしか、入場料は6000~6500円くらいでチケットを売っていたと思うのだが、ボクはタダで行った。べつにボクが出版関係者だったからとかでは全然ない。
イベントの一週間くらい前から、都内の書店などでこのイベントのタダ券が置かれ、配布されるようになったのだ。ボクはたしか池袋の西武あたりの本屋でこのタダ券をゲットした。山のように置いてあったのを覚えている。

いったい本当に6000円もの大金を払って行った者なぞいたのだろうか? と訝しんでしまうが、これが実際いたことも確かだから始末に負えない。その人達はもの凄く不幸な星の下に生まれたのだと思って諦めるほかない。
ここからも分かるとおり、チケットは思いっきり売れなかったのだろう。
だが、その結果ちゃんと金を払った客はスタンド席なのに、たまたま招待タダ券を入手したものがアリーナ席に座る…という捩れ状態も生み出してしまった。このあたりからもこの企画のコケ加減が推し量れようというものだ。

その上、イベントそのものも計画図と比べあまりにも貧相な出来だった。大仰なセットや大花火、レーザーカクテルでの演出…となっていたハズが、フタを開けてみればぽつねんと大スクリーンが鎮座してるだけ。花火も数発上げられただけで終わってしまった。
冒頭の宍戸錠のボヤきも当然だと納得できるイベントだった。

まさに「社運を賭けて」の映画「8マン」だったが、これが大コケしてリムは倒産、本当に社運が尽きてしまった。

当時、友人の西崎まりのがこのリム出版で小説の挿絵の仕事をしていたため多少はリアルタイムでいろんな情報はボクの耳に入ってきていたため、8マン→倒産への一部始終は観察するように見させてもらった。この業界でボクも既に20年近く飯を喰っているが、このリム出版ほど見事なツブれ方はなかった。もはや天晴れ、である。

こうしてリム出版は8マンと共に沈んだ。もともとが8マンのために興した会社だったので、オーナーとしては本望だったろう。多くの関係者に迷惑をかけたという事実に目を瞑れば、それはそれで一本筋が通っていた

ただ、ボクとして残念だったのは、当時映画との連動企画として製作された「右曲がりのダンディー」の末松正博氏描く新作コミック「エイトマン」が、この騒動のお蔭で結局未完のままになってしまったということ。この漫画はハイコントラストを基調に、スタイリッシュなフィルム・ノワール調の絵づくりでかなりカッコいい作品に仕上がっていたのだが…

結局、原本の「8マン」は完結させたが、変わりに新しい「エイトマン」を未完にさせてしまった、というのは、リム出版も罪つくりではある…

[関連リンク]

エイトマン 末松正博版
…名作っ!!
平井 和正 桑田 二郎 末松 正博
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (7) | トラックバック (0)

宇宙貨物船レムナント6

[1996年・監督/万田邦敏■おすすめ度なし 観ておくべき度なし 思い入れ度なし]

レムナント6おそらく、この作品を撮ったひとは、映画の撮り方を知らないのではないだろうか。

そう思えるほど、この映画は悪い。
レベルが低い、というのではない。「わるい」のだ。

脚本上の台詞回しがそれほど悪いわけでもなかっただろう。無論脚本そのものに問題がまったく無いとは言い難いが、それ以上の問題はまさに「撮り方」、カメラワークにある。

映画を撮るものには絵コンテを描ける者とそうでない者がある。この監督はおそらく後者だろう。もし前者だったら、尚更問題だ。

どこかでこの監督が本作を撮影したときの意図について「あえてハデな絵や構図は押さえ、地味な絵作りを心がけた」といったようなことを話していたのを覚えている。

…そうじゃないだろ? と思う。

自論だが、殊にSF映画とは「絵づくり」である。

たとえばアオり、俯瞰、斜め構図、フィッシュアイ…様々なカメラアングルのテクニックを駆使し「おもしろい画」を提示するのがSF映画を作るものの努めというものだろう。
この監督は、そういった努力を放棄している。絵が圧倒的につまらないのだ。

特にこのお話はほぼ100%が貨物船の船内でドラマが進展し、主要な場所は狭い2,3のセットのみだ。船内に覗き窓も無く、外の宇宙空間とは断絶している。
つまり、「内」と「外」とはまったく接触や連続性が無い。
そんな設定では、ともすれば単に狭く、限定された室内でのみのドラマは、外の世界の無限大の広さとの連関は途絶し、観る側からは非常に退屈なただの室内セットドラマと化してしまう。

ボクはいわゆる「潜水艦もの」というジャンルが嫌いだが、その理由もここにある。
宇宙船ものというのは、じつは以外と撮り方・見せ方の難しいジャンルなのだ。

だから尚更カメラワークなどには細心の注意を向けなければ、面白くはならない。絵コンテをしっかりと練るほどでなければいけない。
それをあえて監督が放棄した時点で「レムナント6」は最初から失敗作を約束されたようなものであった。

あとは…この万田監督というひと、もの凄く音楽のセンスが悪い。選曲も、その使い方も。ボクは彼の他の作品も観たが、正直そこについては評価できない。
あくまでも個人的意見として、と断るが、ボクとしてはこの監督については評価は無し、である。その理由は、ボク自身の考える演出理論とまったく相容れない法則で映画を撮っているから…とだけ言うに止めておこう。
必要ならばレポート10枚でも20枚にでも渡って論じますケドね。

押井守が総合監修としてクレジットされている…が、本人のコメントではたしか「タイトルの『レムナント』って言葉を考えてあげただけ」だったかと思う。この言の裏に含ませた押井の見解を推して知るべし。

宇宙貨物船レムナント6(VHS VIDEO)
B00005EE4E
特撮(映像)
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

ガンヘッド

[1989年・監督/原田眞人■おすすめ度★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★]

B級くささムンムンボクの知人の小説家がこれを観て言った。

「だれか止めるヤツはいなかったのかよ…」

本作をたった一言で表現するなら『ぐだぐだ』である。全体がユルく、締まりが無い。

ハード面でのスタッフはいい。はっきりいってこれでもか、というくらいにいい。殊にガンヘッドの造型は河森正治。あのMACROSSの完全変形バルキリーを創造した天才である。

なのに、なぜそういった印象を抱いてしまうのか?

思うに最大の理由は、劇中全体の台詞回しにあるのではないだろうか。カッコいいように見えて、その実もの凄く薄っぺらでクサいのだ。聴いていてだんだんに白けてくる。キャラクターもまた薄っぺらだ。

想像の域だが、監督もつとめた脚本の原田眞人はアニメ畑(サンライズ)からの企画ということでケレン味をたっぷりと加えて描けばいいと考えたのではないだろうか。だが、原田の考えるそのケレン味は残念だが実写という媒体との相性があまり良くはなかった。
必要だったのは「アニメ的」であることではないし、原田の考える「アニメ」は、あまりにも古いイメージのままだったのだろう。
いや、ひょっとしたらクレジットではあくまで原田眞人だが、それ以外の多くの手が入ってしまってこんなコトになっているのかもしれない。
観ている側との意識のギャップは、こんなところにあったのではないだろうか。

企画そのものを吟味すれば、「ガンヘッド」の方向性は決して間違ってはいなかっただろう。もしすべてが上手く回っていれば日本の特撮映画のその後を方向づけるほどの意欲的な作品だったはずだ。

これは、多くの人の手を経ることにより、次第に先鋭さを削り取られ、結果やる気のない駄作となってしまうという日本映画の最悪の道を通ってできてしまった墓標なのだ。

我々は、この「ガンヘッド」の屍を乗り超えていかねばならない。

同じ頃に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が公開され、その完成度やアイデアの詰め方の凄さに、日米の差はますます広がることを思い知らされた------とは、先の同じ小説家の談。俗に「さよならジュピター、また来てゴジラ」と揶揄されたこの時代の日本特撮映画の現状だが、おそらくはこの「ガンヘッド」がとどのつまりとなってしまったのではないだろうか。
海外公開ではついにクレジットには
"Directed by ALAN SMITHY"
の文字まで刻まれることになる。ここまでくると、もう非難より同情してやりたくもなってくる。
(ちなみに日本の作品でアラン・スミシー監督作となったのは他に「クライシス2050」がある)

だが、今にして思えば、「ガンヘッド」のそのユルさ・薄っぺらさはもの凄くB級臭漂う芳しき香りで、改めて今観てみればそれはそれなりに楽しめるのかもしれない。

いつか再観賞をしてみたい作品ではある。

「ガンヘッド」についての参考サイト→Club"Bバンガーズ"

ガンヘッド
B000JRYN66
高嶋政宏 原田眞人 ブレンダ・バーキ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴジラVSメカゴジラ

[1993年・監督/大河原孝夫■おすすめ度★★ 観ておくべき度★ 思い入れ度★]

ゴジラvsメカゴジラこの作品で前々作「VSキングギドラ」ですっかり歪みきった平成ゴジラシリーズの方向性が、修正不能な形に決定づけられてしまったという点において忘れ難き作品。「VSモスラ」で多少はナンとかなるかナ? とも思えたものの、これは平成ゴジラのもう戻れないフェイル・セーフを超えた一作だった。

それでも良いところを探してみれば…メカゴジラの造型は認める。賛否は当然あるだろう。ボク自身もかつてのゴツゴツしたメカゴジラのほうが実は好みだったりするのだが、それをなんとか現代風メカにアレンジしている、という意味でそれなりに評価はしたい。(丸顔なのだけはカンベンしてほしいが。)
そりゃいいハズで、デザインは「ゴジラ伝説」の西川伸司だ。メカゴジラについての思い入れ度といったらそりゃハンパじゃないだろう。

知らないヒトのために簡単に説明しておくが、「ゴジラ伝説」とは西川氏が同人誌で発表した、それこそ伝説的歴史的作品で、その作品中でも思い入れたっぷりに描かれているのがヘドラとこのメカゴジラ。やはり思い入れの深い人の造ったものには畏敬の念が自然と生じてしまう…って、結局は単に西川氏のファンなだけなんだろうな。
悪くいえば、どうしても漫画畑の西川デザインは、二次元には映えるのかもしれないが、それが立体になったとき必ずしもカッコいいものにはならない、ということにはなるのだが。

合体してスーパーメカゴジラになるなど、アニメ演出からの影響、というか苦し紛れ気味の設定も目に付くが、好みの問題かもしれない。正直ボクはあまりこの設定は是とは考えていないが、あの時代、怪獣映画をどうにか盛り上げようと頭をひねった結果なのには同感する。
ただ…やはりキングギドラと同じく、メカゴジラも自衛隊の兵器に貶めるのにはどうにも納得いかないのだが。

ストーリーについては…もはやキッズ・ムービーだと開き直った感が強く、安直な展開が目に余る。
中でも、いったん死んだゴジラがラドンの命を吸って復活する、などというクライマックスの展開など、ご都合主義を通り越していい加減もはなはだしい。もはや物語を投げているとしか思えない。怪獣のバトルを延々と人間に説明させる、という平成ゴジラの悪習もこの映画で全開する。
何度でも描くが、このようなナメたつくりが映画をダメにするのだ。作り手は常に真摯でなければならない。

物語中のメカギドラのサルベージと共に「VSキングギドラ」の悪夢的駄世界もまた引きずり出し、蘇らせてしまったのが本作だった。平成ゴジラは最後までこのダメダメな設定世界のまま続いていかざるを得なくなる。
これこそ、このシリーズの悲劇であった。

それでも本作はヒットした。思えばこれが以後の平成ゴジラを貶める一因となったのではないだろうか。どれほどゴミのような内容のコンテンツでも、パブリシティさえしっかりやっておけば客は入ってくるのだ、という法則に会社が気付いたのだ。

以後、ゴジラは単なるモンキービジネスの化身となり、日本列島のご当地を順繰りに暴れ廻されることになる。寅さんのように。

ゴジラ映画は、正月のコドモのお年玉を簒奪するただの集金システムとなる。

ゴジラvsメカゴジラ
B000066AAA
大河原孝夫 高嶋政宏 佐野量子
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
GODZILLA FINAL BOX
B0002HNQ98
手塚昌明 横谷昌宏 金子昇
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴジラVSビオランテ

[1989年・監督/大森一樹■おすすめ度★★★★ 観ておくべき度★★★ 思い入れ度★★★★]

ゴジラvsビオランテ だいたい「抗核バクテリア」ってナンじゃい??

ここでひとつ素人ながら私説を論じさせてもらうが、たとえば生物の新陳代謝・消化吸収なんてェものはモトを正せば化学的反応のはずだ。ヒトが塩分を摂取するとき、塩化カルシウムCaClと同質のKClを吸収してしまうように、よしんば放射性物質であろうとも同じ塩基系列のようなものであるなら吸収してしまうかもしれない。だがそれはあくまで化学的反応であり、分子内に含まれた放射性同位体そのものから発する放射能は変えられるはずがないのではないだろうか。
放射能を除去するにはその半減期を待つか、イスカンダル星から技師を招いてコスモクリーナーDを起動させなければ不可能だろう。

単なる化学的置換だけでは核の放射能は消去できない。

それでもよしんば百歩譲ってその抗核なんたらが発見されたとしよう。もしそれにより放射能除去が可能なら、ゴジラ殲滅よりも医者として原爆被害に苦しむ人々に応用すべきだ。
…まぁ、それは蛇足だが。

要するに、SFにおける科学考証というものは、こんな素人ごときに突っ込まれる程度の穴があってはいけない、ということだ。そういった映画界の作る側の甘さ・観客不在のナメた態度が日本映画をダメにした、とボクは思っている。

なに? ゴジラはSFじゃないって?

そのような甘い見解がいかんということがわからんかぁぁ!!!

…と、冒頭から苦言ばかりを述べてしまっているが、実はボク的にはこの「VSビオランテ」の評価はそれなりに高い。それは、ゴジラという極めて固定化されたイメージの世界に、何がしかの風穴を開けようと努力しているからだ。
あたかも、劇中の展望レストランの天井に残されているゴジラ襲撃の足跡の如く。

ビオランテというまったく異質な怪獣像。でありながら、怪獣ばかりに目が行くことなく、人間側のドラマもきちんと描かれている。一本の映画として、ちゃんと観賞に耐えうる出来になっている。東宝自衛隊もしっかりと闘いに参加し、日本の国益を守ってくれている。
平成ゴジラに対しては辛口ばかりを述べているが、こと「VSビオランテ」についてだけは別だ。
おそらくは「平成ガメラ」にも本作が影響を与えたであろう、というのはすでに定説だろう。

実を云うと、本作こそが1954年の第一作「ゴジラ」の最も正当な後継作なのではないのか。そうボクは考えている。
先述のこのレストランの足跡や、本編冒頭の地下道の描写、街のいたる場所に残されたゴジラの通った爪跡…これこそが、本来ゴジラという作品が持ちえていたディザスター映画のテイストだ。
そう、ゴジラ映画とは、怪獣ものである以前に、シリアスなディザスター映画でなければならない。昭和・平成・ミレニアムと何十作と作られたゴジラ映画だが、この「ディザスター」感を感じさせるのは初作と「VSビオランテ」くらいしか無いだろう。

本作は一般公募でストーリーを募集したが、あるウワサではこれは次点だった、とボクの耳には伝えられてきたことがある。トップ選考だったストーリーは、

出現したゴジラを自衛隊が北海道方面へ誘導、ゴジラを利用して北方四島を奪還する

という話だったとか…ボツになったのは「あまりにも内容が過激すぎる」ということだった、らしい。

もちろん、あくまでもただのマニア間での噂話・ヨタ話。単に「こんなのありそう」が伝わるうちに膨らんでいっただけなのだろうと思うので、もはや真偽のほどは不明、これはひとつの都市伝説となっているのだが…もしこれが本当で「ゴジラ2」がこのストーリーだったなら、なかなかに斬新で面白い作品となっただろう。
でも多少ブラックすぎるかも。

残念ながら本作は興行的には不成功に終わり、以後平成ゴジラは大きな舵取りをしていく。
それはゴジラそのものの迷走の始まりでもあった。

だが、ボクは改めて断言する。
この「VSビオランテ」こそ、ゴジラ映画の精神を正しく受け継いだ逸品である、と。

ついでながら、
心ひそかにボクはこの作品を「ゴジラVS沢口靖子」と呼んでいるのだが…

ゴジラvsビオランテ
B000063VTR
大森一樹 三田村邦彦 田中好子
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
GODZILLA FINAL BOX
B0002HNQ98
手塚昌明 横谷昌宏 金子昇
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年9月23日 (土)

ゴジラVSデストロイア

[1995年・監督/大河原孝夫■おすすめ度なし 観ておくべき度なし 思い入れ度★]

ゴジラvsデストロイア観終わって幕が降りたとき、ボクは思わず映画館の中心でこう叫んだ。(これは実話である!)

「やる気がないなら作るなぁ!!!!!」

ひどい作品だ。愛が無い。「フランケンシュタイン」ではないが、愛が無いなら造ってはいけないのだ。
こんなモノを乱造されるのなら、ゴジラも太平洋の底で静かに眠らせてあげておいて欲しい。

脚本もひどい。内容は言わずもがなだが、技法の点でも最低だ。
怪獣たちの闘いを、見ている人間たちがいちいち説明をする。ナンじやそりゃ? である。状況説明的セリフなど、シナリオ学校で減点になる基本だろう。
シナリオライティングという点で、やる気が無いとしか思えない。

そもそも脚本を担当した大森一樹は京都府立医科大学医学部卒というキャリアを持っているのだから、たとえばその専門知識を活用して生物学的なゴジラや怪獣像を創造しうる可能性があったはずだ。
ボクは大森一樹を全否定する気などさらさらない。「ヒポクラテスたち」は大傑作だと思っているし、好きな映画だ。だが、一連の、殊に「VSキングギドラ」以降の大森ゴジラに関しては首を傾げざるをえない。ゴジラを意味もなくアルティメットな無敵の存在にしてしまった罪は果てしなく重い。

本作ではゴジラがメルトダウンを起こすのだが…いったい、ゴジラの体内には核反応炉や高速増殖炉でもあるとでも言うのだろうか。自然界のウラン採掘場でも勝手にメルトダウンを起こすようなことはないだろう。少なくとも、ボクは今までそんなニュースを聞いた覚えはない。
この設定の上での「カドミウム弾」の使用は面白いとは思うが…

そもそも、ゴジラはビキニ核実験で放射能を浴びた古代生物だったはずだ。この「VSデストロイア」では特に初作を引き継いでいるので、それを遵守するならば、そんな体内に高濃度の放射性物質を抱えているわけではない、ということは創造の域なのだが。ゴジラはあくまでも放射能を浴びて変貌しただけであり、べつに放射能を栄養源としているわけではない。

それに伝家の宝刀「オキシジェンデストロイヤー」を持ち出してはきても、どうも免罪符的な感が否めない。デストロイアにしたって、どうして合体ができるというのか。医者が脚本家なら生命についての考察はしっかり考えてほしい。ここからも、怪獣映画というものをナメているのが明白だ。

もしボクが脚本を任されたなら、宝田明を第一作と同じ役で出す。平田昭彦演じた芹沢は劇中で殉職、志村喬も亡き現在、宝田だけが初代ゴジラを知る生き証人だからだ。宝田は「FINAL WARS」で復活するが、まったく別の役としての登場だった。ここはやはり同じ'尾形'として出すべきだったと思う。
それこそがゴジラ愛があるということではないだろうか。

加えてここが決定打だが、この作品のラストはゴジラ映画史上最低である。作り手がドラマを創造することを放棄した証しだ。こんなやる気のない結末を、それまで、耐えて、耐えて平成ゴジラを観続けてきたオールドゴジラファンに最後の最後になって突きつけるなど、愛がないにも甚だしい。このエンディングを観て自分は本文冒頭の言葉を叫ぶことになるのだが。
要するに平成ゴジラはゴジラやSFに何の愛もリスペクトも無い者達の産物だった、とこの瞬間にボクは思い知らされたのだった。

USA似非ゴジラを経、ミレニアムシリーズに至りゴジラは徐々に誇りをとり戻し、我々もようやく溜飲が下がっていくことになる。

ゴジラvsデストロイア
B000069KYA
大河原孝夫 辰巳琢郎 小高恵美
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
GODZILLA FINAL BOX
B0002HNQ98
手塚昌明 横谷昌宏 金子昇
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

ゴジラVSキングギドラ

[1991年・監督/大森一樹■おすすめ度なし 観ておくべき度なし 思い入れ度★]

ゴジラVSキングギドラこの映画をつくった連中は、SFというものをナメきっている。まったく不理解もはなはだしい。タイムパラドックスについての解釈もムチャクチャだし、サイボーグ(アンドロイドだったか?)の描写も身が凍るほど貧乏くさい。B級SF映画でも、こんな酷い表現のものはない。この一本を観て「もう平成ゴジラになにかを期待するのは辞めよう」と諦念を抱かせるのには充分な出来だった。

すべてのゴジラ映画の中でも最低の作品なのではないだろうか。

製作当時、ゴジラを観て育った世代は漫画やアニメなど様々な表現ジャンルに拡散し活躍を始めていた。本作でキングギドラの造型デザインに携わった西川伸司も、80年代初頭に同人誌「ゴジラ伝説」という、まさに伝説的な作品でコミケに名を馳せていた。

だが、悲しいかな、あくまでも年功序列を固持し続ける映画界というシステムは、そんな「ゴジラ愛」に満ちた若い才能を登用することができず、ゴジラには最も思い入れの乏しい世代に責任を託してしまった。

70年代に大学でいっしょうけんめい自主映画を撮っていた大森一樹のような監督が、熱烈に「東宝チャンピオンまつり」の旧・ゴジラシリーズを観に行っていたわけがないだろう。
彼を含む世代は、あくまでも彼らの「イメージとしてのゴジラ」をこの作品でフィルムに焼き付けたに過ぎない。「ゴジラ映画ってさ、こんなモンだろ?」という。本作の失敗はそこにある。本質を見つめることを怠り、先入観だけで製作された映画だった。

吉田拓郎も唄ったように、古い船を動かせるのは、古い水夫ではないのだ。

だからハナから「所詮ガキの観るモンだろ?」という、コドモだましのシャシンをつくればいいという甘い意図が見え見えである。
だが、子供たちだってそんなオトナの態度は敏感に受け取ってしまうもの。子供をナメてはいけない。コドモの目にだって、ヒドいものはヒドく映る。むしろ子供に見せるものだからこそ、ちゃんと丁寧に作らねばならないはず。まっとうな作り手ならそんなことは自明だ。

かつてのゴジラ映画には、そんなコドモをナメたような態度は見られなかったはずだ。たしかに明らかに「お子さま向け」のテイストがあったにしても、こんな小馬鹿にしたような作品を提供するような真似はしなかった。みんな真摯に映画づくりをしていただろう。旧シリーズはきちんと「まっとうな作り手」が映画を手がけていたのだ。

更にギドラ本来の伝統的設定さえもあっさりと歪曲させてしまった。これだけでも彼らがどれほどゴジラ愛が無いかがわかるだろう。
「ゴジラ」という世界では、キングギドラはぜったいに宇宙怪獣でなければいけないのだ。それはバットマンでブルース・ウエインが目の前で両親が殺されたのや、スーパーマンがクリプトン星から来た孤児と同じくらい不変でなければならないものだ。
いや、キングギドラだけではない。この作品は、それまでのすべてのゴジラシリーズの培ってきた設定をすべて否定してしまった。本作で破壊したのは都市や街ではなく、ゴジラの世界そのものだった。
この「ゴジラVSキングギドラ」が決定的なターニング・ポイントとなり、平成ゴジラは迷走を始める。

あえてあらすじも記す気にもならないが、この苦言をこの作品を観たひとなら分かっていただけるだろう。

たしかにゴジラシリーズといえばドル箱のコンテンツ、作れば金のなる木のようなものだ。だが、作ればなんだっていいというものではない。製作者たちは、本作で怪獣映画を単なる薄っぺらなモンキービジネスに貶めてしまった。曲がりなりにも伝統のある日本のお家芸、特撮映画・ゴジラで、である。いくら街を破壊しても、誇りという牙を失った怪獣は哀しい。ゴジラ俳優・薩摩剣八郎のムーヴも虚しく見えてくる。

キングギドラのデザインワークに先述の西川伸司、その中で演じるのはこれも"ゴジラ大好き漫画家"破裏拳竜。直撃世代のゴジラ信奉者たちは、すぐ足元まで届いてきていたのだが…

平成ゴジラは、時代の谷間に堕ちた皮肉だった。

怪獣映画がふたたび誇りを取り戻すのは「平成ガメラ」まで待たなくてはならなかった。

ゴジラVSキングギドラ
B00005ULJE
大森一樹 中川安奈 豊原功補
Amazonで詳しく見る

by G-Tools
GODZILLA FINAL BOX
B0002HNQ98
手塚昌明 横谷昌宏 金子昇
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

日本沈没(1973)

[1973年・監督/森谷司郎■おすすめ度★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★]

日本沈没 リメイクされた2006年版とは違い、1973年の森谷版は原作小説にほぼ忠実に進行する。
地球物理学者・竹内均の監修の下再現される日本列島沈没の過程は説得力をもって描かれ、監修者の竹内本人が特別出演(!)し、首相・丹波哲郎の前で映像を交えプレートテクトニクス論を「こう、ずるっ、ずるっと…」と説明するシーンはこの映画の最も見応えのあるシーンだろう。

CGによる凄い映像を見慣れてしまった今ではかなり見劣りもしてしまうだろうが、本編の日本各地に起きる災害を表現した特撮は、当時の円谷プロの技術の粋をすべて注ぎ込んだ比類なき傑作映像だと思う。
たとえそれがミニチュアだと判っていても、それを作った職人芸を堪能しろ!! 「特撮」とはそういう風に味わうものなのだ。

東京が大地震で壊滅していくさまなど、阪神大震災を経てきた現在のほうがより真に迫って観る側に訴えかけてくるだろう。

だが…悲しいかな、当時の日本では「スペクタクル大作」を作るには、映画会社に力が無さすぎた。本来、都市の壊滅を描くなら、その全景を捉えた俯瞰的構図が必須なはずなのだが、そういった映像は殆ど見られない。当時の技術でリアルに再現することは不可能だったのだろう。唯一、日本列島全体をミニチュアセットで再現しただけである。
(それでも全長十メートル程度の巨大セットは作っていたという覚えがあるが)
あとは殆ど路地裏のようなところを人々が右往左往する、というまるで戦争映画の定番空襲シーンのようなショットばかり。

たしかに小説のとおりに映像化するにはあの当時では20倍くらいの予算でも難しかっただろう。今のように自衛隊の協力なども得られぬ時代、使えるのは所謂『東宝自衛隊』しか無かったろうし。

更に、それを製作者側も承知していたのか、脚本も萎縮して矮小な展開を余儀なくされる。
殆どの展開が『D計画』の指令本部内、セリフのやりとりだけで進んでいってしまうのだ。やれ「名古屋が壊滅した」の、「××が沈んだ」の…と、現場を絵で見せずに済ましてしまう。これではまるで演劇の一幕舞台ものだ。その説明的台詞の表現の仕方、入れるタイミングも良くはない。

よくNHK大河ドラマで、何十畳の大広間で裃の武士たちが座して会議をしたまま回が終わってしまうようなことがあるかと思うが、本作はまさにその状態が続くのだ。

これではスペクタキュラー感は削がれてしまう。

あの頃の日本映画界の状況を考えれば、それでもがんばったほうなのかもしれない。だが、それに甘んじ過ぎる橋本忍の脚本はあまりに稚拙だ。とても「砂の器」という不朽の名作を書いた同一人物とは思えないほど。
もっとも、その橋本忍は監督も務め以降「幻の湖」という'迷作'も世に送り出すことになるが…

それでも、丹波首相の熱演はさすが名優、と唸らせる。島田正吾扮する政界の黒幕・渡老人から「このまま何もせんほうがいい」と云われ瞳を真赤に充血させ涙を溢れんばかりにするさまは、丹波哲郎の歴代名シーンベスト10に入れてもいいほど素晴しいとボクは思っている。
(他は「砂の器」の『繰り返し、繰り返し…』とか。観てないけど「ノストラダムスの大予言」の演説もすごいらしいので、ベスト10に入れることに決定。観てないけど。)
この丹波哲郎を観るだけでも充分価値はある。

「日本沈没」は、後に製作されたTVシリーズ版のほうが円谷プロもその誇りを賭けて作ったかのように特撮に迫力があり、凄い。内容もずっと濃厚で、映画版を遥かに凌ぐ作品となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

日本沈没(2006)

[2006年・監督/樋口真嗣■おすすめ度★★★ 観ておくべき度★★ 思い入れ度★★]

リメイクものは旧オリジナル作と比較される。それは宿命だ。
なるべくそういった視点は省いて作品の評価はしたい、とは思うのだが。

'73年版と比べると、特撮(と云うよりCG)技術は飛躍的に進歩し、33年前には消化不良ぎみで本当は見たかったスペクタキュラーなシーンは充分に堪能できる。このあたりは旧作を完全に凌いでいる。
旧作やオリジナル小説とは違うラストも、主人公の自己犠牲的ヒロイズムはウルトラマンやゲッターロボなどで育くまれた遺伝子を持った樋口監督ならば、それもまた是だと思う。

かつ、樋口監督のオリジナルへのリスペクト魂は様々にちりばめられたアイテムからも充分伝わってくる。まァボク個人としては、田所博士の「科学者にとっていちばん大切なことは…カンです!!」のセリフと、'男の船'ケルマディック号が出てこなかったのはちょっと残念ではあったけれど。
全体を比較しても、映画としての総合的な評価としては旧・森谷版よりも樋口版のほうが上だとボクは思う。
正直、自称『日本沈没』マニアなボクでも、旧映画版はイマイチと思っているのだが。このあたりは樋口真嗣の絵作りが並々ならぬ力量があることの証しだろう。

問題なのは、人間の機微が描けていないトコなのだ。

確かに絵づくりはすごい。だが、それに伴うべき人間の心理に厚みがない。その点では旧作のほうに軍配が上がる。たとえば草なぎ君と柴崎コウの関係は、本編中描かれているのは、もともとが助けて助けられただけ。以降2,3回会っただけであり、そこから物語上重要な「一緒に住もう」と草なぎ君が言うところまでの感情の積み重ね、その過程がまったく描かれていない。だからけっこう唐突感が否めない。また、二人が幾度も再会するが、どうして互いの居場所をそう容易に捜索が可能だったのかが(容易そうに見受けられるだけ、なのかもしれないが)説明不足だ。
(そこを観客の想像力に頼ってしまうのは作り手の怠慢、という意味で)

必要なのは、どういったエピソードがあって、そこでどのように感情が層を増し変化していくのかであって、その「感情の変化」をきちんと示さないとただエピソードを羅列しただけになってしまうのだ。
…まぁ、そこまでヒドいというわけでもないけれど。
エピソードとは、感情の階段を一歩一歩登らせる過程を見せる手段である。残念ながら樋口版「日本沈没」にはそれが出来ていない。悪いが、台詞も薄かった。

それがシナリオからだけの因なのかもわからないけれど、前作「ローレライ」も併せて観るにつけ、どうも樋口監督のほうにも問題があるじゃないだろうか…

人間ってさ、もっともっと複雑で、重層的なものなんだよね。

だから本作から得られる観客側の感情も、それは「どこかで以前に見た」ことのある風景に己れのメモリの蓄積が触発されただけのものになってしまい、この作品から受ける独立した感動というものは発露されてはこないのだ。

ただ、だからと云って旧作の脚本の出来がいいか、ということになるとそれは違う。
あっちはあっちで脚本の出来は最悪である、と断言はしておこう。(旧「日本沈没」も近日エントリ予定)

もっともっと、人間も深く描いて欲しかった。それがあれば満点な出来。

それと、これは旧作も同じなのだが「どんどん日本の陸地が沈んで減っていく」という俯瞰的イメージがどうしても伝わってこないのは何故だろう…
ディザスター映画のはずなのに、ディザスター感がいまいちなのも残念。

やはり「日本沈没」の最高傑作TVシリーズ版を置いて他には無し、と改めて実感。

| | コメント (0) | トラックバック (1)